サービス内容

■戦略総務アドバイザリー

日常業務の管理で終われてしまい戦略を考える時間もノウハウもないのが総務ファシリティ業務の現実。戦略総務に精通した外部プロ活用により最小限の投資と時間にて、「管理総務」から「戦略総務」への脱皮を実現させます。財務基盤の健全化、予実管理と優先順位の整理から、専門チームの結成、攻めるべき福利厚生、カルチャーにあったオフィスつくりとサービスの実現により社員の満足度向上とエンゲージメントUPへコミットします。

■ファシリティマネジメント
 立ち上げ&プロセス導入

戦略総務を実現するには、幅広い知見と専門性が必要でありそれを実現する最適手段の一つがファシリティマネジメント(FM)です。消しゴムからビルまで責任を持つと言われるFMプロセス導入、オフィス備品管理、ワークプレース造り、オフィスサービス、設備機器メンテナンス、BCP、IoT、AIロボティクスなど、経営視点によりゼロベースで全体を見直し最適な形で構築します。外部知見と社内知見の最適ミクス、社内ですべき戦略業務を強化し、日常マネジメント&オペレーションを可能な限り外部委託し他社に負けない競争力と適正な管理プロセスを導入します。

■企業不動産管理(CRE)の浸透サポート
■社内プロジェクトナビゲート

総務コスト(総務サイフ)の約半分と言われる不動産関連コスト。いわゆる固定費と言われるそのコストの大方はオフィス賃貸費です。ビルオーナーとの賃料交渉だけでなく、自社の働き方やカルチャーにあった最適なオフィス面積、賃料以外のビルサービス付加価値、中長期での拠点オフィス戦略、原状回復費用(将来資産除去債務)の低減など財務的なPL効果と働きやすさの効果を同時に出すマネジメントがCREの根幹です。そのプロセス導入にはハードルが高く、本格的な導入には経験からくる社内アドバイザー&リーダーが必要です。

スタートアップからIPOまでの道のりの成長段階にて、また成熟した企業となった後のビジネス改革や再編成の際に訪れるのがオフィス変革。会社の生産性へ大きな影響を与えるその一大プロジェクトには社内の経験に加えて外部専門プロの知見が必要となります。自社社風にあったオフィスの変化要件をベースにステイリノベ or 移転すべきの判断からプロジェクト企画、目標設定ー社内稟議ー計画、実施までのプロセスを社内側に立つPMO(Project Management Office)顧問として、決定権は社内にありながらも、決定するプロセス全体と競争力ある品質を外部知見を持ってナビゲートします。

■建築デザイン・オフィス設計要件整理

外部の設計者に「お任せ」となってしまいがちなのが建築デザインやオフィス設計。使ってみての違和感がない「自社らしいオフィス」を実現するにはプロジェクトの企画段階での内部環境の現状と、ビジネス方向性、事業部ごとの特性、社員の働き方分析、ペルソナマーケティング、各種社内制度の制定などが重要となります。それら社内業務を培った独自の専門性でロジカルに整理し、それに社内のイモーショナルな部分を加味しバランスとれた「自社らしいオフィス設計要件」を作成支援します。

■社員研修・セミナー講師

戦略総務を実践する上で一番重要な要素なのが「社内人財」、一般的には「職能」(一般職務能力)と「職務」(専門職務能力)の能力両立が必要とされます。職能は長期雇用システムと社員教育により醸成される一方で、総務ファシリティに特化した職務能力は育たない。Hite&Co.では職務能力向上にフォーカスした「総務ファシリティマネジメント研修」を社員および系列子会社、常駐業社などに効果的に行うことで、戦略総務能力を社内に醸成し維持成長させることで経営貢献できる人財を育てます。

まずはお気軽にご相談ください

電話またはメールでいつでもお問い合わせください。

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon